yoga-vegetarian.com
私の先生は生徒さん。 | ヨガとベジタリアンの健康レシピ
久しぶりにブログを書こうと感じました。 私にとって文章を起こすという作業はとても楽しく豊かな時間なのですが しばらくは、そんな時間も、全く取れずにいたと、ふと気がつきました。 でも、今日は、忘れたくない出来事があったので(本当は日々、そういう出来事がたくさんあるのに・・・) ブログを通して”綴る”というのを、更新頻度が少なかったとしても、大事な事として習慣にしていきたいなぁと思っています。 前置きはさておき。 以前、こんな質問を受けました。 私は、今は自分の固定のヨガレッスンを持たないように、できるだけしています。 (レッスンは、養成卒業生さんやスタッフさんにお願いするようにしています) それもあって 「夏未せんせいは、レッスンを持って、もっと自分のファンを増やそうみたいに、何故しないんですか?他の有名なインストラクターの人は皆そうなのに」 というような事を言われたんです。 そこで私は答えました 「それは私にとってはナンセンスなんだよ。私のヨガの根本は、自分のファンを増やしたい訳でなく、ヨガによって幸せに生きる人を増やす事だから、私がいなくてもヨガで自分を癒したり自分自身を調和できる人を増やすことなんだよ。」 というような答えをしたんです。 そうしたら! なんと、それを聞いたヨガインストラクタースクールの生徒さんが 「私も、自分のファンを作るのでなく、そういう風にヨガをすることにしました!」 みたいに、うわべっぽいカッコつけみたいに話していて それでは、ファンを作れない言い訳のように聞こえて(笑) おいおい!まずは、もっと自分を磨き、ヨガのレッスンの質を高めて、ファンを作れるようになってから言うセリフだよ! って、皆で笑い話のようになった訳ですw そんな事があったので、私自身も、伝えたい事の本意が、多くの方に理解してもらえるように、もっと言葉には気を配らなくてはと、大変勉強させていただきました。 もし、私の夢が、ヨガインストラクターであれば、自分のファンを増やそう!となっていただろうと思います。 それはそれで素晴らしいことですよね! 私には登りたい山があります。 私は、ヨガをする事で、幸福に生きる人が必ず増えると確信しています。