yakumokai.org
評伝 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰
パトリック・ラフカディオ・ハーンは1850年6月27日、ギリシャ・イオニア諸島のレフカダ島で生まれる。父はアイルランド出身でイギリス陸軍軍医補のチャールズ・ブッシュ・ハーン、母はギリシャ、キシラ島出身のローザ・カシマチ。したがってハーンは英国籍(現在でいえばアイルランド国籍)をもつ。 物心ついた頃から少年時代にかけて、父の実家があるアイルランドのダブリンに暮らす。両親の離婚により、母ローザがギリシャに帰ったため、ハーンは大叔母サラ・ブレナンに引き取られ、おもにキャサリン・コステロという乳母によって情操教育をほどこされる。キャサリンによって語られたアイルランドの妖精譚や怪談は、後のハーンの関心に大きな影響を与えた。また、アイルランド南部ウォーターフォード州のトラモア海岸での遊泳を通して、海への親近感と強い愛着を覚えた。 その後、北イングランド・ダーラムのセント・カスバート・カレッジやフランスで教育を受け、大叔母の破産という経済的理由から、19歳の時に単身、渡米する。知人をたよってオハイオ州のシンシナティに行くが、相手にされず、赤貧の辛苦を嘗める日々を送る。第2の父ともいうべきハンリー・ワトキンとの出会いやシンシナティ・エンクワイアラー社に持ち込んだ原稿が評価されたことから、もの書きとしてのキャリアを開始する。シンシナティ・エンクワイアラーおよびシンシナティ・コマーシャル社に記者として勤務し、その間に混血女性のマティー・フォリーと法律では認められない結婚をする。 27歳の時、ルイジアナ州ニューオリンズに移り、デイリー・シティ・アイテム社、さらにタイムズ・デモクラット社でジャーナリストとして活躍する。同地のクレオール文化(フランス・スペインとアフリカの混淆文化)に関心を持ち、1885年にはクレオールの諺辞典である『ゴンボ・ゼーブ』や世界初のクレオール料理のレシピ集である『クレオールの料理』等を出版する。黒人奴隷によって西アフリカから持ち込まれ、カトリックと融合したヴードゥー教などニューオリンズの宗教文化にも強い関心を示し、旺盛な取材で記事をのこした。
八雲会 (The Hearn Society)