yakumokai.org
東方学院松江校定期講義「ラフカディオ・ハーンの異界と宗教観」 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰
ハーンは両親の離婚後、ハーンは大叔母のブレナンに引き取られ、厳しいカトリック教育を受けることになる。そして1863年にはイギリスのダラム郊外のカトリック系の寄宿舎学校であった聖カスバート校に入学する。このようにハーンの初期の人生ではキリスト教との関わりが見られる。またハーンは後に「生命がどこから来るのか」("Whence Life?")「どこへ行くのか」("Whith
八雲会 (The Hearn Society)