yakumokai.org
ミニ写真展「八雲と焼津」 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰
晩年、東京に暮らした小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は静岡県の焼津で、1897年から没年の1904年まで、6回の夏を過ごしています。駿河湾の深い海と磯浜が泳ぎの達人、八雲を魅了したのです。 "神さまのような人"と慕う、魚屋を営む山口乙吉さんとの出会いがきかっけで、毎夏のような焼津通いが始まります。東京のストレスから逃れ、富士を望む絶景の浜辺での遊泳と散歩を心行くまで楽しみ、生活
八雲会 (The Hearn Society)