yakumokai.org
"目のお薬師さん"一畑薬師で味わうヘルンさんの好物料理 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰
今月、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の好物を味わえる料理のお披露目が、島根県出雲市と鳥取市で相次ぎました。今回は出雲市の動きをご紹介します。 1890(明治23)年11月、ハーンが松江で逗留していた冨田旅館の女中の眼病平癒を願って、女中と女将を伴って参拝に訪れた一畑薬師。今でも"目のお薬師さん"として知られる名刹です。その参道にある飲食店3店舗で、明日15日(日)までの期間・数量限定で提供されているのが、ハーンの好物にちなむメニュー。内容は各店で異なりますが、共通するのはハーンが毎朝欠かさず食べ、一畑薬師参拝後にも味わったというたまごを使っていることです。 各店で提供しているメニューは以下の通り。 もんぜん……肉そば、たまごかけごはん、ゆずソーダのセット:1,111円(1日10食) なかやま……地元の食材で作った精進料理に、ゆでたまごを添えて:1,111円(1日5食) ばんびー……親子丼とホットコーヒーのセット:600円(1日5食) お披露目を前に、ハーン曾孫の小泉凡さんと祥子さん夫妻、そして内田融・八雲会事務局長を招いて試食会。その模様は報道陣に公開され、地元メディアをにぎわせました。今年がハーンの没後111年にあたることにちなみ、11月11日(水)11時11分という"1並び"の日時を期して提供を始めたという点でも、大いに話題となっています。 今度は一畑薬師。日本のヘルンさんゆかりの地はもちろんですが、ギリシャのレフカダやアイルランドのトラモア、
八雲会 (The Hearn Society)