yakumokai.org
『怪談』刊行の日、ハーン来日の日にオススメされた2冊のマンガ…『そばもん』最新刊と『「坊っちゃん」の時代』 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰
4月2日は『怪談(Kwaidan)』刊行の日(1904〈明治37〉年)、今日4日は来日の日(1890〈明治23〉年)と、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の記念日がつづきましたが、偶然にも両日とも、出版社のTwitterアカウントからハーンに関係のあるマンガをオススメされました。 小学館のマンガ情報アカウントが4月2日に取り上げたのは、先月末に刊行されたばかりの山本おさむ『そばもん ニッポン蕎麦行脚』第17集。出雲そばに取材し、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)も深くかかわるエピソード「出雲そばルネサンス」が前半5話にわたって収録されています。 4月2日は、小泉八雲が『怪談 (Kwaidan)』を刊行した日。松江の地を深く愛した小泉八雲の生き様に触れつつ、出雲そばと江戸そばの対比を描いた『そばもん』最新第17集試し読みは→ pic.twitter.com/9bG8wnzIFc— コミスン 小学館のマンガ情報メディア (@comic_sn) 2015, 4月 2 小学館のサイトより同書の情報。最初の1話分の試し読みができます。 そばもん ニッポン蕎麦行脚 17 宝島社のマンガ情報アカウントが今日オススメしてきたのは、関川夏央/谷口ジロー『「坊っちゃん」の時代』(双葉社)。書名から察せられるように夏目漱石が主人公の本作で、「間接的とはいえ、このマンガのなかで非常に大きな存在感を醸し出している」というのがラフカディオ・ハーン。 島根県松江市にも縁の深い学者が日本文化に触れた日です。4月4日は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が初めて来日した日 『「坊っちゃん」の時代』を読もう! 【きょうのマンガ】 #konomanga— 「このマンガがすごい!」編集部 (@konomanga_jp) 2015, 4月 3 同書の公式サイト。 『坊っちゃん』の時代 公式サイト
八雲会 (The Hearn Society)