xn--xckta4j321k9st.jp
季節感のあるチラシは反響がいいのか?
私たちデザイナーのチラシを華やかにする手法として、期間限定のチラシであれば季節感を取り入れます。 よくネットでは季節感をのあるチラシは反響がいいと聞きますが、本当にそうなのでしょうか。 今日はチラシの季節感を取り入れることについて考えてみます。 チラシに季節感を入れる理由とは? 季節感に関するQ&A なぜチラシに季節感を取り入れるといいの? → 季節感を取り入れると、わざわざ文字で伝えなくても、期間限定という事が伝わります。 私たち日本人は日ごろから、行事や気候で四季を感じる生活を送っています。 デザイナーもチラシで期間限定の情報がある場合、無意識に意識してもらうため、その季節に合った雰囲気作りをしていきます。 どうやって季節感を出していくの? → たくさんのチラシを見て調べてみました。 いくつかご紹介しますが、そのチラシによって最適な方法が異なってきます。 まずはチラシの内容をよく考えて、どのようにすれば効果的になるかで、手法を選びます。 チラシに季節感を入れると反響がいいの? →さて、ここが問題です。 「情報のまわりにイラストをちりばめる ・背景にその時期に合ったものを使用する ・タイトルの雰囲気作り ・全体の色みをその時期に合わせる ・チラシに季節感を入れると反響がいいの?」 ネットでよく言われているように、チラシに季節感取り入れるだけで本当に反響があがるのでしょうか。 やはり、チラシの中身が大事ではないのでしょうか。 誰に向けて、どの商品(サービス)を売っていきたいのか、どのような印象をあたえたいのか。 そのためには情報をどのように組み立てていけば、手に取った方が違和感ないわかりやすいチラシになるのか。 効果的にみえるのか。 もちろん、お正月に配布する新春チラシや、塾の夏期講習案内や、ハロウィンやバレンタインなど、季節限定のイベントに使用するものであれば、大きく季節を押し出していくことも大事になりますが、まずは土台をつくる情報がきちんとしていなければ、手法は活きてきません。 まとめ 私たち、チラサクはお客様からいただいた内容をもとに打ち合わせを行い、チラシを最適な形に仕上げていきます。 土台作りと季節感を取り入れたチラシで反響を狙っていきましょう!