yokoyama-inc.co.jp
アパートN 改修工事
弊社のホームページを見てくださったアパートオーナー様からのご依頼です。 お持ちのアパート(共同住宅)の鉄骨階段と踊り場の鉄骨改修、塗装、防水工事を行いました。 鉄骨階段は、段板の何段かはすでに取れかけている状態でした。 上り下りも大変危険な状況でしたが、階段を交換する予算も検討しつつ なんとか延命処置を行うことに。 鉄骨階段を裏側から見ています。 パっと見たところ、そんなに痛んでないように見えるのがアパートオーナー様を苦しませるところ。 実際に上り下りすると、段板は大きく沈む危険な状況。 段板にはゴムマットが敷かれています。このゴムマットをはがすと このような状況です。段板の厚みも薄かったので見た目以上に老朽化しておりました。 ケレン・防錆塗装では対応できない状況。 上から新しい段板を溶接。予算の都合上、既存の段板はそのままにしてありますが、 見栄えに違和感もありません。 段板は、L字型に曲げたパーツの連続で作られており、 この接合部にかなりのダメージがあります。 階段の有効巾いっぱいに厚いL字曲げを、おしめのように溶接します。 両側のササラ桁にしっかり溶接することで既存の段板が落下する心配はありません。 こちらも上から新しい段板をしっかり溶接。他にも各所補強を加えて鉄骨改修部分は完了。 このあとは既存色で再度塗装。新しい塗装皮膜もついてかなり強度が復活しますよ。 ゴムマットが付いていた部分には長尺シートを施工。鉄板の段板だと上り下りに音がしますが、 ソフト素材でできている長尺シートを敷けばかなり軽減されます。 このように、鉄骨部の老朽化はしっかり補強工事し、防水、塗装と合わせることで建物は生まれ変わり 現役バリバリのアパートにリニュアーアルされます。ご用命いただきありがとうございました!