yokoyama-inc.co.jp
アパートS改修工事
以前に鉄骨改修をさせていただいたアパートオーナー様から追加改修のご依頼。 バルコニー部の改修機工事と、塗装、防水工事となりました。 バルコニーのモルタル部分にクラックが入っており、 水の浸入を防ぐ必要があります。バルコニーの同ぶちの上にモルタルが見えています。 アパート廊下の写真です。モルタルのヒビから水が入る状態。 この状態ですと、どれだけ廊下鉄骨を改修しても、あとから水が入ってきてしまうので 改修部分の効果が薄れてしまうのです。 モルタルを受け止めるデッキプレートが剥き出しに・・。 まずはモルタル剥き出しの部分をプレートでカバー。サイドからの水の浸入を防ぎます。 次にモルタル床面からの水の浸入を防ぐタキストロンで防水。しかも見栄えもよくなり居住者の方も大喜び。 追加したカバーパーツは既存色で塗装します。 廊下の疲弊したモルタルもしっかりタキストロンでカバー。オーナー様、これで安心ですよ! このように、鉄骨部の老朽化はしっかり補強工事し、防水、塗装と合わせることで建物は生まれ変わり 現役バリバリのアパートにリニュアーアルされます。ご用命いただきありがとうございました!