thinksell.net
K10D うらメニュー 1.30
以前からK10Dに「うらメニュー」があって、AFのピントを調整できるとネットで公開されてました。ただ、ファームウェアが1.10やそれ以前でないと「うらメニュー」へログインできないらしくて、私のK10Dはすでに1.30にup済。USBでPCへつないで、専用ソフトを使ってK10Dへアクセスできるとか、ファームウエアをダウングレードしてやるとか、手法はいくつかあるようですが、いずれも手間かなぁと思ってパスしていました。そこへ、以下の情報が。 K10Dのピントが、「後ピン」や「前ピン」かなとか感じた人向け(自己責任で)。 ソース: 価格.com - 『ファームウェア1.30でうらメニュー』 ペンタックス PENTAX K10D ボディ のクチコミ掲示板 以下、作業手順 MODSET.TXT の作成 1.のテキストファイルをSDカードへコピー K10Dの電源ON うらメニュー画面 Debug Modeで詳細設定 AFの調整 1. MODSET.TXTの作成 テキストファイルで、以下を入力。コマンドっぽい。ファイル名を「MODSET.TXT」保存。私はASCII, CRLFで保存した。 [OPEN_DEBUG_MENU] で、2chのPENTAX K10D part108によると、 >>572 [OPEN_DEBUG_MENU] のあとに改行入れたらできました。via: PENTAX K10D part108 みたい。ただ、次のレスでは、 >改行 最初に使ったPCがウインドウズじゃ無かったから、 改行がLFだけでうまく動かなかったけど、CRLFに変更して正常起動を確認。via: PENTAX K10D part108 私の場合、最初、[OPEN_DEBUG_MENU]だけを書いて保存したところ(Mac OS X 10.4, Jedit X)、「うらメニュー」が起動しませんでした。保存形式はUTF-8, LFでした。再度、ASCII, CRLFに変更して、「改行」を挿入したところ、「うらメニュー」が起動。たぶん、改行タイプが原因かと。 2. 1.のテキストファイルをSDカードへコピー コピー先は、SDカードのルートです。DCIMフォルダの上。 3. K10Dの電源ON ...