stageweb.com
今はもう失われた恋の物語 ──青☆組『海の五線譜』評 ── 柾木博行 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 市井の人々が日々の暮らしの中で起こす心のさざ波を掬い上げるように活写する劇団青☆組。劇作家・演出家の吉田小夏が率いるこの劇団が、心の奥底にしまっていた記憶を呼び起こすような優れた舞台を作りあげた。 物語は湘南にある杉田家から始まる。定年した父の和彦、母の典子と共に暮らす長女・美雪にとって最近気になるのは、典子のもの忘れが急に目立ちはじめ、娘である自分を忘れるときもあることだ。昔の写真を見ていた典子は、70年代に大学のグリークラブで仲間だったふたり──その後夫となる和彦と、当時互いに好きだったのに家の事情で実家に戻っていった黒木健介──と鎌倉の海に遊びに行ったこと、その後も健介と文通を交わしていたことなどを懐かしく思い出す。記憶の糸は和彦との結婚、新婚旅行で訪れた宮崎で和彦が体調を崩し典子がひとりで観光することになって健介を呼び出し、恋人同時のような時間を過ごしたことまで呼び起こす。その二人の手紙が、時を経た現在の湘南と宮崎で、美雪と健介の甥・涼介の目にふれる。涼介は亡くなった叔父に代わり、典子のもとへ毎年蜜柑を送り、美雪は典子に代わって礼状の手紙を書いて涼介に送っていた。時を超えて湘南と宮崎の間で再び手紙のやり取りが続いて──。 あらすじだけ紹介するとかなり複雑な構成の作品で分かりづらそうに聞こえるかもしれないが、実際の舞台を観るとそんなことはない。 ステージ中央に小さな四畳半ほどのひな壇になった四角い舞台があり、そこが杉田家や宮崎の黒木家の居間や縁側、湘南や宮崎の浜辺、結婚旅行の飛行機と、さまざまな場所に見立てられる。またステージ両袖には、流木がオブジェのように置かれており、そこに立つことで、海辺のイメージを醸し出す。場面転換、とりわけ時間が過去に戻ったり現在に戻るような場面の切り替えの際には、波の音が流れるのが印象的だが、その際にこの流木があることで、観客に時間や場所が変わったことをイメージしやすくしている。五線譜がそのままカーテンになったかのような幕を吊った美術も、シンプルで美しく、時の流れを想起させてくれる。