stageweb.com
新国立劇場「ヘンリー六世・三部作」 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
劇場=初台:新国立劇場・中劇場 10/27(火)−11/23(月・祝) 評価:★★★★★(Excellent)10/18(水)夜ほか所見 ●作=ウィリアム・シェイクスピア ●翻訳=小田島 雄志 ●演出=鵜山 仁 ●出演=中嶋朋子、村井国夫、木場勝己、上杉祥三、木下浩之、浦井健治、渡辺 徹、ソニン、中嶋しゅう、立川三貴、鈴木慎平、金内喜久夫、勝部演之、岡本健一、水野龍司、久野綾希子、今井朋彦、菅野菜保之、鈴木瑞穂、吉村 直、青木和宣、渕野俊太、浅野雅博、石橋徹郎、城全能成、篠原正志、川辺邦弘、津村雅之、内田亜希子高橋郁哉、那須佐代子、小長谷勝彦、清原達之、関戸将志、小田 悟、松角洋平、古河耕史、前田一世 新国立劇場の鵜山芸術監督にとって最後のシーズンは、シェイクスピアの歴史劇『ヘンリー六世・三部作』の一挙上演という大作で幕を開けた。このシーズンで、鵜山が自ら演出をするのはこの作品だけであり、3年間にわたる芸術監督としての掉尾を飾るにふさわしい大型企画を実現させている。 鵜山は芸術監督就任1年目はギリシャ劇をモチーフにした新作、2年目は演劇についての演劇というテーマで近代劇を取り上げたが、最終年である今シーズンは「人はなぜ戦うのか」というテーマを設定。そのシーズン開幕に満を持してシェイクスピアの『ヘンリー六世・三部作』をもってきた。 ■演劇の醍醐味を堪能する至福の9時間 シェイクスピアの歴史劇といえば、人物の名前と家系図をにらめっこしながらというイメージがあるが、今回の舞台を観て驚くのはとても分かりやすいということ。それは、当然ながら人物の造形がしっかりできているということでもあるが、そのために、完全上演とはいいながらも戯曲に書かれたせりふの中で分かりづらいせりふをカットしているなど、細かい配慮を積み重ねた成果である。このおかげで、三部作をどこから観ても単独の舞台として楽しめることに成功している。