stageweb.com
松本紀保が語る『怪談 牡丹燈籠』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 プロデューサー綿貫 凜が、毎回演劇界で話題の劇作家や演出家を起用し、人間ドラマを堪能させる作品を上演しているオフィスコットーネ。この夏は今売れっ子の演出家、森 新太郎とともに夏に向け『怪談 牡丹燈籠』を上演する。 四谷怪談、番町皿屋敷と並んで怪談物の定番ともいえる牡丹燈籠は、明治の落語家三遊亭圓朝が、中国の怪奇物語に想を得て創作した物語だ。今回の公演では演出の森とプロデュースユニット、モナカ興行を組む劇作家フジノサツコが台本を担当。牡丹燈籠で一番よく知られている幽霊と人との叶わぬ恋が展開するお露・新三郎の物語だけでなく、その周囲で繰り広げられる人間たちの色と欲が織りなすエピソードについても盛り込み、テンポよく進んでいくという。 出演するのは、柳下 大、山本 亨、西尾友樹、太田緑ロランス、松本紀保、青山 勝、松金よね子ら。このうち松本紀保は3月に上演された『ザ・ダーク』に続いてのオフィスコットーネへの出演となる。父は9代目松本幸四郎という梨園の名家に生まれながらも、椿組やチョコレートケーキ、棧敷童子といった劇団に招かれ小劇場を中心に活動、独自の道を歩んでいる。今回は松本に新作『牡丹燈籠』のこと、また自身の女優としての歩みについて聞いてみた。 オフィスコットーネプロデュース『怪談 牡丹燈籠』は、7月14日(金)− 30日(日)錦糸町すみだパークスタジオ倉で上演。 『怪談 牡丹燈籠』の公演情報はこちら => ■自信の演じるお峰と物語について 自分が演じる役お峰は夫である伴蔵(ともぞう)以外とはあまりやりとりのない役だが、お峰がある言葉を口にすることで、物語が動き出す重要な役。 お露と新三部というよく知られている幽霊の怖さだけでなく、生きている人間の怖さも描かれているところが見どころだという松本。 ■松本自身から見たお峰の魅力 その場の思いつきで、後先考えずに感情の流れままに言ったせりふで夫の伴蔵を侵食していく、女の魅力がある人物だという松本。それとは対象的に伴蔵は、お峰の話す言葉をもとに先のことを見据えて罪を犯す。お峰こそが物語をドラマチックにするために必要な人物だという。 ■相手役・伴蔵の山本亨について 今回、相手役の伴蔵を演じる山本とは、松本が女優としてデビューしたT.P