stageweb.com
宮城聰、タノニクロウ、ウォーリー木下らが語る「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017」 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
SPACは3月28日にアンティテュセフランス東京で「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017」のプレス発表会を行った。 毎年ゴールデンウィークに開催されるSPACの「ふじのくに⇔せかい演劇祭」。今年は「ギリギリ人、襲来!」というキャッチコピーのもと、5カ国から7作品が揃った。注目の宮城聰芸術総監督の演出作品は、静岡音楽館AOIとの共同制作による新作『リヒャルト・シュトラウスの家』と、この夏アヴィニョン演劇祭のオープニングに招聘される『アンティゴネ』再演の2本。また、タニノクロウの最新作『MOON』世界初演も話題を呼びそうだ。 「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017」は、4月28日(金) ─ 5月7日(日)、静岡芸術劇場および舞台芸術公園、駿府城公園で上演。 「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017」の公演情報はこちら => ■今年の演劇祭のテーマ「ギリギリ人、襲来」について 宮城は、今、世界中が自分たちの外側に敵を作ることに興奮する「熱狂の時代」になっているという。そういうときに、優れた芸術家は熱狂に対して醒めた目をもっていて、自分のギリギリな熱狂ぶりを外から見て自ら笑う視点をもっていて、今年の芸術祭にはギリギリな人たちばかりを集めたと語る。 ■「アンティゴネ」とは 今年の演劇祭のテーマとも繋がる、神の法と人間の法について描いた「アンティゴネ」の物語を、宮城が紹介する。 ■タニノクロウ、新作『MOON』を語る 最近はヨーロッパでも新作を発表するなど、その独自の世界観が高く評価されているタニノ。今回は2015年にドイツの公共劇場から委嘱を受けて制作した『水の檻』以来、共同制作を行っているプロダクションデザイナーのカスパー・ピヒナーと共に創作する。新作は、観客に宇宙服用のヘルメットを被ってもらい、観客同士が舞台上で共同作業を行うという斬新なものだ。 ■ドイツ作品 ニコラス・シュテーマン演出『ウェルテル!』 2014年の演劇祭で『ファウスト第一部』を来日上演した演出家ニコラス・シュテーマン。今回は「若きウェルテルの悩み」を現代的に読み替え、ファウスト役を演じたフィリップ・ホーホマイヤーの主演で上演する。宮城曰く「ホーホマイヤーさんは前回は初日の3時間前に来日して、そのまま3時間の芝居を演じた正にギリギリな人」。