stageweb.com
劇団青年座、若手の金澤菜乃英演出×近藤良平振付で矢代静一『天一坊十六番』再演 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
『天一坊十六番』写真左から、女流作家役の津田真澄、大岡越前守役の山路和弘、天一坊役の横堀悦夫(撮影=飯田研紀) 劇団青年座は、6月10日(金)− 20 日(月)代々木の青年座劇場で47年前に同劇場のこけら落とし作品として初演された矢代静一の『天一坊十六番』を再演する。劇団の中心的俳優陣である津田真澄、横堀悦夫、山路和弘らが出演し、若手女性演出家・金澤菜乃英を本公演で初めて起用。また劇伴音楽を数多く手掛けてきた日高哲英氏の音楽に合わせて近藤良平の振付によるダンスシーンを加え、2016年バージョンとしてリニューアルした意欲作だ。 この作品、初演時には『天一坊七十番』という題名だったが、矢代は本作初演時のパンフレットに「もし、この世の終わりがくるまでに、再演、再再演されたら、その年の数字を記そうと考えたわけである。」と書いていたため、今回はこの文章に従い『天一坊十六番』とタイトルを変更。さらに、作家が台本を書き進めながら、それらを俳優たちが演じていくという構成で、江戸時代と現代をつなぐ構造をとっているため、今回は江戸時代、1969年(初演)、そして新たに 2016年(現代)という3つの時代を描く。 物語は女流作家が台本の第一幕を書いているところから始まる。その内容は、講談や歌舞伎の題材として知られる徳川八代将軍吉宗の御落胤と称する天一坊を心にした「天一坊事件」をモチーフにしつつ、天一坊をイエス・キリストに、漁師九助を使徒ペテロ、楓と椿姉妹をマグダラのマリア、マルタ姉妹、天一坊を裁く大岡越前守をピラトに見立て、『マリアの首』などと同様にキリスト教の影響が色濃く反映された矢代作品のひとつとなっている。 今回は劇団提供による演出家・金澤菜乃英と音楽家・日高哲英、振付の近藤良平による鼎談の原稿を以下に再録した。 『天一坊十六番』の公演情報はこちら =>