stageweb.com
ピーター・ブルック最新作『魔笛』、来年3月にさいたま芸術劇場、北九州芸術劇場、びわ湖ホールで上演 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 昨年11月、ピーター・ブルックがかつて本拠地としたプッフ・デュ・ノール劇場で初演し、フランス最高の演劇賞モリエール賞(ミュージカル部門)を受賞した『魔笛』が、来年3月さいたま芸術劇場、北九州芸術劇場、びわ湖ホールで上演されることが決まった。 20世紀を代表する演出家として、俳優の言葉と肉体によって、最小限の舞台装置だけの「なにもない空間」から豊穣な世界を作り出してきた"魔術師"ピーター・ブルック。1973年のロイヤルシェイクスピアカンパニー公演『真夏の夜の夢』以来、さまざまな話題作を日本でも上演しており、昨年もSPACの"ふじのくにせかい演劇祭"でも当初予定されていたピッポ・デルポーノカンパニーの代わりとして急きょ『WHY WHY』を上演している。 来年3月に来日公演が行われる『魔笛』は、モーツァルト最晩年の代表作を、今までにない人間賛歌にあふれた音楽劇として再構成したもの。全編にわたりモーツァルトの音楽のスピリットがあふれ、ブルックの円熟味あふれる舞台は、フランス最高の演劇賞モリエール賞を受賞し、現在は世界各国を巡演中。今年7月にはリンカーン センター・フェスティバル(ニューヨーク)にも招聰され、絶賛を博している。 演出=ピーター・ブルック 音楽=ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 翻案=ピーター・ブルック、フランク・クラウチック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ ピアノ演奏=フランク・クラウチック、マタン・ポラト(ダブルキャスト) 出演 タミーノ: アントニオ・フィゲロワ、エイドリアン・ストローパー パミーナ: アニエスカ・スラヴィンスカ、ジャンヌ・ジッフェル 夜の女王: レイラ・ベンハムザ、マリア・ベンディ=メラッド パパゲーナ:ベツァベー・ハース、ディマ・バワブ パパゲーノ:ヴィルジル・フラネ、トマ・ドリエ ザラストロ:パトリック・ポレール、リュック・ベルタン=ユゴー モノスタトス:ジャン=クリストフ・ボルン、ラファエル・ブレマール (以上、ダブルキャスト) 俳優=ウイリアム・ナディラム、アブド・ウオロゲム ■埼玉公演 会場=彩の国さいたま芸術劇場大ホール 日程=2012年3月22日(木)〜25日(日) 料金=S席8,000円、A席5,000円、学生A席3,000円(全席指定・税込) 前売開始=2011年12月3日(土) ■北九州公演