stageweb.com
他者と違うことの生きづらさ─川村毅が語るティーファクトリー『レディ・オルガの人生』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
川村毅新作戯曲プロデュースカンパニー、ティーファクトリーが新作『レディ・オルガの人生』を上演する。川村が劇団「第三エロチカ」を主宰していた80年代当時に上演した作品『フリークス』で扱った題材に対して、今の視線から取り組む意欲作だ。 1980年代の小劇場ブームのなかにあって、彗星のように登場した川村毅率いる劇団「第三エロチカ」。フランケンシュタインやクローン人間などのSF的モチーフを取り上げつつも、一方では新宿・歌舞伎町のヤクザの抗争といったわい雑な素材も織り込む作風は、野田秀樹や鴻上尚史などとは一線を画して人気を集めていた。そんな川村毅が、洗練された大資本の小劇場「パルコ劇場」に初進出して話題を呼んだのが、1987年3月に上演された『フリークス』だ。 この作品は、当時再評価をされるようになったトッド・ブラウニング監督のカルト映画『フリークス』(1932年)に着想して創作されたもの。当時パルコを傘下にしていたセゾングループのような流通チェーンが、イタリアのデザイナーを招聘してファッションショーを行うが、そのデザイナーがモデルに起用したのは身体的に不自由な人びと=フリークスと呼ばれる人びとで、それが社会的に大きな問題を巻き起こしていく……という内容だった。 川村は、昨年の『エフェメラル・エレメンツ』から、川村の"自身の原点を再考する"シリーズをスタートさせており、新作がその2本目にあたる。80年代に上演して以降、フリークスの存在と社会の向き合い方が変化したなかで、川村はどのようにこのモチーフに向き合おうとしているのだろうか? 今回は公演に先立って行われた吉祥寺シアターによる観客向けワークショップを取材、川村が語った『フリークス』と新作『レディ・オルガの人生』についての解説を紹介しつつ、川村へのインタビューをお届けする。 ティーファクトリー公演『レディ・オルガの人生』は、9月29日(土)− 10月8日(月・祝)吉祥寺シアターで上演。 『レディ・オルガの人生』の公演情報はこちら => ■第三エロチカ公演『フリークス』関連イベント『プロトフリークス』記録映像 1980年代、渋谷パルコにはパルコ劇場のほか、可動式の客席で自由なレイアウトが可能なフリースペースの公演会場「SPACE PART3」があった。川村は第三エロチカとパルコの提携公演として1987年3月4日 (水)