stageweb.com
東憲司が語る桟敷童子『蝉の詩』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 劇作家、演出家の東憲司が率いる桟敷童子が、新作『蝉の詩』を上演する。 小劇場の空間に大仕掛けの舞台装置を劇団員自らくみ上げ、時代の流れに取り残された社会の底辺で生きる人びとの群像劇を描き人気の桟敷童子。 この春、上演する新作は、九州・福岡のかつて石炭運搬船が行きかった遠賀川流域の町が舞台。豪放で破天荒な父親と、確執を持つ三人の娘達を主人公として、昭和25年の朝鮮戦争特需から昭和39年の東京オリンピックまで、戦後の復興と高度成長という現代日本の礎となった激動時代を生きたある家族の愛憎を描くという。 劇団の主宰者で作・演出も担当する東憲司に新作のことについて聞いた。 桟敷童子『蝉の詩』は、4月25日(火) ─ 5月7日(日)錦糸町・すみだパークスタジオ(倉)で上演。 『蝉の詩』の公演情報はこちら => ■新作で蝉をモチーフにした理由 福岡出身の東は子供の頃から蝉に慣れ親しんで、これまでにも蝉を作品中に何度か使ったことがあるという。そして、ある民話で「蝉は人間の生まれ変わり」ということが書かれていることを知り、そのイメージで新作を作ることを決めた。 ■赤ちゃんの顔をした蝉のイラストのビジュアル 今回の作品のビジュアルは、インタビューの背景に映っている「赤ちゃんの顔をした蝉」。インパクトの強いビジュアルは、前述の「蝉は人間の生まれ変わり」という民話から東が思いついて、イラストレーターに書いてもらったという。 ■物語の時代設定について 2020年の東京オリンピックが近いことから、前回の東京オリンピックに至る昭和の人びとを描きたかったという東。現代の老婆が回想する物語として、現代と過去が行き来するような構成にチャレンジしてみたと語る。 ■昭和の物語にこだわる訳 新作は現代の公園で半ばホームレス状態の老婆が、戦後の復興期から東京オリンピックまでの高度成長期に至る自らの半生を回想する形式で展開する。自らをアナログな人間と語る東。そのためかどうしても昭和以前にロマンを感じ、書く作品が明治から昭和にかけての時代背景のものになってしまうという。 ■時代の流れを感じさせてくれる映画