stageweb.com
宮城聰が語る「芸術家と熱狂、そしてポピュリズムの関係」 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 今年も宮城聰がSPACの「ふじのくにせかい演劇祭」の記者会見でプログラムの説明を行った(関連記事はこちら→)。そのなかで、演劇祭のテーマを語るときの宮城の表情は、年を追うごとに険しくなっているような気がする。それは日本の舞台芸術を公共劇場がリードするような形になり出した現代が、同時に公共施設において政治的にリベラルなものが排斥されかねない状況になっているという危機意識がさせているのであろう。 宮城はク・ナウカ時代からポリティカルな問題意識をもって作品作りをしてきた。ジェンダーと帝国主義の問題を重ね合わせ戦前の日本に時代設定を移した『王女メデイア』や、天皇を登場させた『トリスタンとイゾルデ』などク・ナウカ時代の作品、そして2015年の演劇祭で上演した『メフィストと呼ばれた男』ではナチスに協力した劇場の芸術監督の物語を通して、芸術家と政治という問題を扱った。 さらに今年の演劇祭では、そういった問題意識を直接作品のモチーフとしてとりあげた『1940-リヒャルト・シュトラウスの家-』という作品を宮城が演出する。 また、一方で演劇界という世界においても、宮城=SPACは今年アヴィニョン演劇祭で法王庁中庭におけるオープニング公演を務めることになった。現代のヨーロッパにおける演劇のある種のヒエラルキーの頂点に立たされるわけだ。そこにある政治的な権力構造と宮城はどう対峙するのか。 今回は「ふじのくにせかい演劇祭」の記者会見後の宮城に、芸術家とポピュリズム的な煽動政治の関係などについて話を聞いた。 「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017」は、4月28日(金) ─ 5月7日(日)、静岡芸術劇場および舞台芸術公園、駿府城公園で上演。 「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017」の公演情報はこちら => 『アンティゴネ 時を超える送り火』アヴィニョン演劇祭公演は7月6日(木) ─12日(水)で上演。 ■芸術が人びとに与える感動と、ポピュリズムが人びとを煽動する熱狂は違うのか?