stageweb.com
広田淳一が語るアマヤドリ『銀髪』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 劇作家、演出家の広田淳一が主宰する劇団アマヤドリが、創立15周年記念公演シリーズの最後に代表作のひとつ『銀髪』を再演する。 広田がアマヤドリの前身である劇団ひょっとこ乱舞を立ち上げたのは2001年、まだ広田が東京大学在学中のことだった。当初は同じ東大出身の野田秀樹や宮城聰などの役者の身体性にこだわった表現を目指していたというが、その後、現代口語演劇に刺激を受け、現代口語から散文詩まで扱う広田のテキストと、群舞やクラッピングなどもこなす役者たちの身体表現を組み合わせ、独自の表現スタイルを構築してきた。そうした中から成河といったユニークな役者も育った(2009年退団)。公演規模も王子小劇場から吉祥寺シアターと大きくなり、2012年には劇団名をアマヤドリと改称。そして今回、旗揚げから通算で15周年を迎えた記念公演シリーズの最後として初めて下北沢・本多劇場で公演を行う。 今回の作品『銀髪』は2004年に初演、2007年に出演者を30名にするなど大幅に改定し再演した劇団の代表作だ。広田は今回の再演を決めるにあたり、過去2回の上演時にはいなかった若手の劇団員からやりたいと言われたことが決め手になったと語る。 【物語】大晦日の夜、脱サラして路頭に迷う維康(コレヤス)は、屋台のラーメン屋に突然あらわれた怪しげな男達に拉致される。その日から彼は、退屈な日常にささやかな混乱と不安をお届けするパニック専門のベンチャー企業「踝(くるぶし)コンドル」の一員となった。元帥・船場種吉(センバタネキチ)を中心にビジネスを展開する彼らは、様々な形式でパニックを売りさばき、やがて国民的支持を得て巨大企業へとのし上がっていった。苛烈な反対運動にも関わらず次第にエスカレートしていく狂乱の中、ついに彼らの社運を賭けた一大イベント、「ノストラドン」が始動する——。 アマヤドリ『銀髪』は、1月26日(木) ─ 31日(日)下北沢本多劇場で上演。 『銀髪』の公演情報はこちら => ■『銀髪』が生まれた経緯 旗揚げメンバーが一度劇団から離れて、再びパワーアップして集まったときに、もう一度役者それぞれと出会ったような気がして、その化学変化から生まれた作品だと語る広田。またある集団が成長してやがて滅んでいくという、前回公演の『月の剥がれる』でも扱ったテーマを最初に取り上げたものでもあるという。