stageweb.com
瀬戸山美咲が語る『埒もなく汚れなく』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 今、演劇界が注目する女性劇作家・演出家のひとり、瀬戸山美咲がオフィスコットーネプロデュース『埒もなく汚れなく』を手掛ける。実際に起きた事件や実在の人物を取り上げた舞台を作ってきた瀬戸山の新作は、関西で活動した劇作家・大竹野正典の作品を劇中に取り入れながら、大竹野自身の生涯を描くユニークな作品だ。 セルプロデュースユニット、ミナモザを主宰し、作・演出を務める瀬戸山美咲。その作品は、振り込め詐欺集団に紛れこんだ女性を描いた『エモーショナルレイバー』、福島第一原子力発電所の立ち入り禁止区域に自ら足を運んだ体験をもとにした『ホットパーティクル』、生の実感を得るために海外の傭兵部隊に参加する日本人青年を描いた『WILCO』など、常に日常生活のすぐ横にある危機的状況に身を置いた人間を描いて注目を集めている。なかでも、パキスタンで起きた日本人大学生誘拐事件を取り上げた『彼らの敵』は、昨年の読売演劇大賞・優秀作品賞を受賞している。最近は、原発事故を扱ったドイツの小説を舞台化した『みえない雲』や、外部公演で向田邦子原作の『阿修羅のごとく』の台本を担当するなど、さまざまなタイプの作品も手掛け、活躍している。 今回、瀬戸山が描く大竹野正典は、関西で犬の事ム所、くじら企画を主宰。『夜、ナク、鳥』でOMS戯曲賞佳作を受賞、また岸田戯曲賞最終選考作になるなど、注目されていたが、2009年不慮の事故で亡くなった劇作家だ。ここ数年、オフィスコットーネの綿貫凜プロデューサーがその作品を精力的に取り上げて東京の演劇ファンにも知られるようになってきたが、今回はその代表作『山の声』(2010年第16回OMS戯曲賞大賞受賞)を劇中に取り入れながら、大竹野の生き様を描いていく。 オフィスコットーネプロデュース『埒もなく汚れなく』は、6月1日(水) ─ 12日(日)下北沢シアター711で上演。 『埒もなく汚れなく』の公演情報はこちら => ■今回の作品に関わることになった経緯 以前からオフィスコットーネの綿貫プロデューサーと一緒に仕事をしようと話していた瀬戸山だが、具体的にピンとくる題材が見つからずに実現しないままでいた。そんなある日、綿貫から「大竹野さん自身のことを舞台化しない?」と言われて、その瞬間に自分もやりたいですと即答した、という。 ■大竹野夫人など関係者への取材