stageweb.com
演出家・森新太郎が語るイプセン『人民の敵』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 今、演劇界で引っ張りだこの演出家のひとり、森新太郎がオフィスコットーネ・プロデュース公演でイプセンの『人民の敵』を手掛ける。森にとっては、昨年春にBunkamuraシアターコクーンで上演した『幽霊』に続く2度目のイプセン作品だ。 演劇集団円演出部に所属しながら、商業演劇や公共劇場のプロデュース公演、さらには他の新劇系劇団の公演まで、さまざまなところで仕事をしている森。その実力のほどは、ここ数年の活動に対して、第50回毎日芸術賞演劇部門千田是也賞(2008年『田中さんの青空』、『孤独から一番遠い場所』)、平成21年度(第64回)文化庁芸術祭賞優秀賞(09年『コネマラの骸骨』)、第21回読売演劇大賞グランプリ、最優秀演出家賞(13年『汚れた手』、『エドワード二世』)、平成25年度芸術選奨演劇部門文部科学大臣新人賞(『エドワード二世』ほかの演出)、と数多くの賞を受賞していることからもうかがえる。一方、若手劇作家フジノサツコとのユニット、モナカ興業では、小劇場公演を自らプロデュースして演出するなど、幅広い活動を行っている。 今回オフィスコットーネで上演される『人民の敵』は、19世紀後半のノルウェーを舞台に、温泉による町おこしをもくろむ人々と、源泉が工場の廃液で汚染されていることを告発するひとりの医師の対立を通して、正義とはなにかを問いかける作品だ。 オフィスコットーネ・プロデュース『人民の敵』は、8月21日(金) ─ 9月2日(水)吉祥寺シアターで上演。 『人民の敵』の公演情報はこちら => ■演出することになった経緯 森が演出した劇団昴『汚れた手』(作=ジャン=ポール・サルトル、2013年6月公演)をオフィスコットーネ綿貫プロデューサーが観て、演出を打診したことから今回の企画が動き出したという。 ■今回の作品を取り上げた理由 昨年3月に同じイプセンの『幽霊』を上演するにあたってさまざまなイプセン作品を読んだ森。『人民の敵』はそのときから、興味をもった作品だったが、最近のネットでの同調圧力などを考えると今まさに相応しい作品だという。 ■タイトルと上演テキストについて 作品の原題は"En