stageweb.com
宮城聰が語るSPAC「ふじのくに せかい演劇祭2015」 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
今年もゴールデンウィークに開催されることとなったSPACの「ふじのくに せかい演劇祭」。今年は、「さっ、出かけましょ! 空気を読まなくていい世界へ。」というキャッチコピーのもと、6カ国から9作品が揃った。注目の宮城聰芸術総監督の演出作品は、ナチスが台頭する戦前のドイツで公立劇場のスタッフがどう振る舞ったかを描く新作『メフィストと呼ばれた男』と、唐十郎の代表作を取り上げて好評を博した『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』再演の2本だ。 4月上旬に都内で行われたプレス発表会では、宮城が書いた「敗者のいない競技とは」と題した文章が配られた。文化芸術の競い合いこそ、互いを切磋琢磨し洗練させつつ、敗者を生み出さない競技だと語るメッセージには、現在の我われを取り巻くパワーポリティクスへの強い危機感が込められている。 そういった宮城の考えは、今年の演劇祭で自身が演出する新作にも反映されている。今回宮城が取り上げるのはベルギーの小説家・劇作家のトム・ラノワが書いた『メフィストと呼ばれた男』。1936年にクラウス・マンが書いた小説『メフィスト』をもとにした作品は、当時、ドイツ最高の俳優と謳われ、国立劇場の芸術監督でもあった実在の人物グリュントゲンスをモデルに、時代に翻弄される天才俳優の姿を通じて「劇場とは、芸術とは何か?」を問いかける社会派作品だ。物語は1932年、ドイツ・ベルリンの国立劇場で行われている『ハムレット』の稽古場から始まる。そこへ総選挙でナチスが第一党になったとの報せが入り、劇団員たちは動揺する。看板女優のレベッカは身の危険を感じ、国外へ逃亡する。残った演出家のクルトはかつてメフィスト役で大当たりした名優。彼のもとに「新体制で文化大臣になる」という男が現れ、左翼活動家ヴィクターに代わり、新しく劇場の芸術監督になるよう誘う。劇場を、芸術を守るためと信じて、その申し出を受けたクルトだったが、次第に時代の波に飲み込まれ......。 一方宮城は、今年が早稲田小劇場が誕生して50年にあたることから「アングラ演劇50年」という切り口で、オルタナティブな表現を追求している作品群をプログラムした。その流れで自身が手掛けるもう1本が唐十郎作の『ふたりの女 平成版