stageweb.com
注目の劇団チョコレートケーキの演出家、日澤雄介が挑む大竹野正典の『密会』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
今、演劇界で注目を集めている存在といえば劇団チョコレートケーキだろう。ともに俳優でもある作家・古川健と演出家・日澤雄介が作る舞台は、歴史の転換点となった事件を描くことで、今、大きな曲がり角に立つ日本をどうすべきなのか、観客に考えさせる。そんな硬派な社会派作品を手掛ける日澤が、関西で高い評価を受けながら惜しくも数年前に急逝した劇作家、大竹野正典の『密会』を演出するという。初日2週間前の稽古場に日澤を訪ねた。 取材:ステージウェブ編集部 柾木博行 オフィスコットーネ・プロデュース公演『密会』は8/14(木)〜18(月)下北沢ザ・スズナリで上演。 公演情報の詳細はこちら→ ■社会派劇団の気鋭演出家が読み解く大竹野作品の魅力 ──大竹野さんのことは知っていましたか? 実は自分は小説にしても戯曲にしても、あまり本を読むということをしないんです。それで大竹野さんのことも今回、綿貫プロデューサーから企画を相談されて初めて知りました。作品については大竹野さんの戯曲集を読ませていただいて、その中から僕の方で選ばせてもらいました。 ──数多くの大竹野作品のなかから『密会』を選んだ理由は? 大竹野さんの作品の多くは、実際に起きた事件をモチーフに描かれているんですが、この作品は他の作品と違って、一つの事件だけでなく、それが起きた時代の状況というのが見えている感じがするんです。もともとは安部公房の小説「密会」を下敷きに、その上に通り魔殺人事件をかぶせるような形で大竹野さんが作った作品です(当時大竹野が主宰していた劇団犬の事務所の公演として1993年に上演)。その後、再演(2004年にくじら企画の公演としてウイングフィールドで上演)したものは、小説の要素はほぼ消えた形になっていますが、それでも、安部作品の残り香がところどころに感じられるような台本になっていますね。 ── 一見、別役さんの芝居のようにも読めるので、やりようによってはかなり喜劇っぽくも作れそうですが? そうですね、前半にはそういう不条理っぽいところもありますが、ただそういう不条理なところを打ち出すと、登場人物から人間性が消えてしまうんです。それでは面白くないので、あくまでそれぞれのキャラクターが見えるように作っていきたいと思います。