stageweb.com
イキウメ前川知大が語る『太陽』と2011年、そしてこれから | 演劇情報サイト・ステージウェブ
 昨年、作・演出した2本の新作が、読売文学賞戯曲・シナリオ賞(『太陽』)、読売演劇大賞で大賞・最優秀演出家賞(『太陽』『奇ッ怪 其ノ弍』)を受賞するなど、充実した仕事をしている演劇人、前川知大。昨年は代表作の『散歩する侵略者』の再演前に東日本大震災が発生、その後の創作にも大きな影響を受けたという。劇団内でもメンバーの入れ替わりなど変化があった1年だった。前川とイキウメにとっての2011年、そして今後の活動について聞いた。 ■『太陽』創作のきっかけ ──『太陽』は前川さんが以前、他劇団に書き下ろした『双魚』という作品がベースになっているそうですね。 前川 元になった『双魚』という舞台が面白かった印象があって、そのときは僕は執筆だけで演出をしなかったので、イキウメで再演したいとずっと考えていたんです。それで実際にどうリメイクするか考えながら改めて台本を読み返したら、記憶にあったほど面白くなかった。つまり、あの作品を書いた3,4年前と今の自分では、面白いと興味をもつものが変わってしまったんです。自分が書いた話なのに、全然納得がいかない。これは大幅な書き直しが必要だなと思って、劇団員とスタッフを集めて全員で読んで色々と話し合いました。最終的には基本的な設定と登場人物何人かを残してほぼ全編書き直すことになりましたね。 ──『太陽』ではバイオテロが原因となって、人類は年老いることはないけど太陽光に弱く夜間に生活をする種族ノクスと旧人類キュリオに分かれ、対立や差別が生まれて何年か経った後の長野県のある町を舞台に展開していきますが、これは元の作品『双魚』と同じですか? 前川 『双魚』では、最終的にその対立する二種類の人類の間に子どもが生まれて、その子どもが橋渡し役になって人間としての進化を遂げる、という話でした。色々対決はあるけども、ちゃんとまとまっていく、人類がひとつの生命体として進化するという話だったんです。対立は移行期間の一時的なもので、これからは集約されていくんだ、というすごく希望的なラストです。『双魚』での対立は人類が進化することでまとまった。『太陽』では前半のわずかな部分に対立の始まりをぎゅっと押し込み、その後長い年月の対立がどうなったのかという人間ドラマとして完全に書き直しました。 イキウメ「太陽」作・演出 前川知大 撮影 田中亜紀 左から 大窪人衛、浜田信也