stageweb.com
山本亨、ペーター・ゲスナーが語るプロジェクトナッター『ピロクテーテス』 | 演劇情報サイト・ステージウェブ
在日ドイツ人演出家ペーター・ゲスナーとプロデューサー綿貫凜が昨年立ち上げた演劇ユニット、プロジェクト ナッター。その第2回公演は、ポストドラマ演劇の巨人ハイナー・ミュラー作の『ピロクテーテス』を上演する。 山本亨、塩野谷正幸、扇田拓也という男たち3人が激しくぶつかり合うギリシャ劇が、何を現代の我々に届けるのか? タイトルロールのピロクテーテス役の山本亨と演出のペーター・ゲスナーに聞いた。 今回上演される『ピロクテーテス』は、劇作家ソフォクレスがトロヤ戦争をもとに紀元前409年に書いた物語を、旧東ドイツの劇作家ハイナー・ミュラーが書き直した作品。 古代ギリシャ、ギリシャとトロイヤとの戦争は10年も続く膠着状態になり、ギリシャ軍の武将オデュッセウスは、若いネオプトレモスとともに、ある男を呼び戻すために無人島にやってくる。その男こそギリシャ最強の武人と言われながら蛇にかまれて手負いとなり、オデュッセウスたちが置き去りにしたピロクテーテスだった。うち捨てられた恨みの思いだけで生き続けてきたピロクテーテスを、勝利のためになんとか連れ戻そうとするオデュッセウスたち──。 演出のペーター・ゲスナーはハイナー・ミュラーと同じ旧東ドイツのザクセン州出身で、演劇について目覚めたのはミュラーの作品を見たことがきっかけだという。それだけにこの作品にかける思いもひとかたならぬものがあるようだ。今回は、タイトルロールで、膨大なせりふを語るピロクテーテス役の山本亨と、演出のゲスナーに作品のみどころや、今この作品を上演する意味などを聞いた。 プロジェクト ナッター公演『ピロクテーテス』は、3/2(火)−7(日)新宿三丁目・SPACE雑遊で上演。公演の公演情報はこちら ■自分の役柄について 山本が今回演じるのはタイトルロールのピロクテーテス。トロイヤと戦うために戦地に向かっていた途中、蛇に足を噛まれて仲間に置き去りにされたが、膠着する戦況の中、オデュッセウスとネオプトレモスが迎えにくる。ミュラー版の魅力は、ピロクテーテスを自らに重ねているところだという。 ■役と自分が重なるところ 山本は以前、足の怪我で役者を断念するかどうか悩んだ時期があった。その出来事をピロクテーテスの気持ちに重ねているという。 ■翻訳劇と和物の演じ分け