spica.jp.net
第8回 「冬のダイヤモンド」 | SPICA
こんにちは。第8回のリレー記事を担当させていただく天体物理局の竹村です。 夜空はさまざまな天体ショーで僕たちを楽しませてくれます。最近では皆既月食を見たという方も多いのではないでしょうか。しかし、夜空の魅力はそういった天体ショーや望遠鏡を使わないと見えない銀河や星雲だけではありません。毎日、太陽が沈むと見えるようになる星空も非常にきれいです。特に、冬は湿度が低く、空気が澄んでいて天体観測の季節と言えます。また、冬には明るい星が多く、暗い場所に行かなくても十分天体観測が楽しめます。今回の記事では冬にぜひ見てほしい星々やそれらが作る星座について紹介していきますので、最後までお付き合いください。 冬の星座と聞いてまず思い浮かべるのがオリオン座ではないでしょうか。砂時計のような星々の並びはとても有名です。このオリオン座はギリシャ神話に登場する狩人オーリーオーンを題材としたものです。右手にこん棒を持ち地面に足を向けこちらを見ている狩人を想像してください。右脇の位置にある星がベテルギウスで、左足の位置にある星はリゲルと呼ばれています。これらは1等星に分類されています。1等星は全天で21個しかありませんが、88個星座がある中でオリオン差は2個も1等星を持っています。さて、オリオン座の真ん中に横に並んだ3つの星があります。そして、その下に縦に並んだ明るいものが見えます。これがオリオン大星雲と呼ばれるもので、少し倍率の高い双眼鏡などで見ることができます。このオリオン座の周りにある星座をこれから紹介していきます。 オリオンの右足の延長方向に明るい星があります。これがおおいぬ座の1等星シリウスです。星の名前の由来はギリシャ語の「光り輝く者」や「焼き焦がすもの」といった意味の言葉です。この星は-1