spica.jp.net
第7回 「宇宙の有機物 ~ALMAからの甘いお知らせ~」 | SPICA
こんにちは。第7回リレー記事を書かせていただくこととなりました天体物理局の山田です。よろしくお願いします。近くにぐんま天文台という大きな天文台があり、その関係で宇宙に興味を持ちました。化学にもとても興味があり、今回は宇宙でたくさんの有機物を発見しているALMA望遠鏡について紹介したいと思います。 日本から1万7千キロメートル、辺りには荒地が広がり、生物の気配などほとんど感じさせないようなチリのアタカマ砂漠に、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本の技術を結集してつくられたALMA望遠鏡があります。望遠鏡と言っても我々が想像するような望遠鏡ではありません。この望遠鏡は、宇宙からやってくる電波をとらえて、それを調べて可視光線では見ることのできない宇宙を観測しようとする、パラボラアンテナ群です。 ALMAは直径12メートルのアンテナを50台組み合わせるアンテナ群と、直径12メートルのアンテナ4台と直径7メートルアンテナ12台からなる「アタカマコンパクトアレイ (ACA:モリタアレイ)」で構成されています。これらを組み合わせて観測することで、直径18.5キロメートルの望遠鏡と同じ性能を発揮することが出来ます。普通の光学望遠鏡で世界最大のものは約9メートルですからこの数字がいかに大きいか実感していただけることでしょう さて、それではこのALMA望遠鏡で分かった宇宙の神秘の一部を紹介していきましょう 1.グリコールアルデヒド 2012年8月、欧州南天文台を中心とする国際共同研究チームは、太陽と同じくらいの質量の赤ちゃん星の近くにグリコールアルデヒドという砂糖の一種が発見しました。濃度が高いわけではないのでその赤ちゃん星の周りが甘くなっているということはないのですが、このような身近な物質が宇宙にも存在するということが分かったのです。ちなみにこのグリコールアルデヒドという有機物は我々が普段目にする観葉植物などの植物の中にも含まれています。 2.シアン化水素