spica.jp.net
第6回 「日本の民間宇宙開発」 | SPICA
皆さんこんにちは! リレー記事第6回を執筆させていただく技術局の間宮一誠です。 今年は降雨を観測するGPM衛星の打ち上げに始まり、宇宙博や皆既月食などの様々な宇宙イベントがありましたね。しかしまだまだ終わりません。11月30日にはやぶさ2の打ち上げが控えています。目が離せませんね! JAXAやNASAの活動もとても興味深いですが、今回は敢えて民間宇宙開発、特に「日本の民間宇宙開発」に焦点を合わせてみようと思います。 海外の民間企業では特にアメリカのSpace X社が有名ですね。(※1)このSpace X社はインターネットベンチャー企業「PayPal」を創設したイーロン・マスク氏によって設立された民間宇宙開発企業です。NASAと物資を国際宇宙ステーション(ISS)まで運搬する「商業軌道輸送サービス」に関して契約を結び、2012年にSpace Xが開発した宇宙船「ドラゴン」が民間によって開発された宇宙船として初めてISSにドッキングしました。さらに別の民間企業オービタル・サイエンシズ社(OSC)が開発した宇宙船「シグナス」が2013年にISSとのドッキングに成功しました。現時点でどちらも貨物の輸送のみに対応していますが、Space Xのイーロン・マスク氏は先日、人を輸送できる有人型ドラゴンの試作機を公開しました。2015年に無人で試験機を打ち上げて、2016年から有人飛行のテストに入る予定です。(※2) 以上の企業の他にも宇宙船や宇宙ステーションの開発に名乗りを上げている企業が多数あります。 このように海外、特にアメリカではベンチャー企業が積極的に宇宙開発を行っている印象があります。では日本ではどうでしょうか。私自身日本で目にするニュースや新聞等での報道で見かける宇宙関連の内容は大体JAXA関連の内容で占められている気がします。正直日常生活の中で日本の民間宇宙開発について耳にする機会はほとんどないように感じられます。では日本では民間による宇宙開発は全く行われていないのでしょうか。 いいえ、そんなことはありません。実は日本でも民間主体で宇宙開発を行おうとする動きがいくつかあります。今回はその中でも二つほど、簡潔に紹介したいと思います。 ・HAKUTO