spica.jp.net
第5回 「惑星分光観測衛星 ひさき」 | SPICA
皆さんこんにちは! 天体物理局の和泉美希です。 今年の夏は宇宙博で賑わいましたね〜 皆さんも楽しみましたか? 私は1人でこっそりと行ってきました。かのイプシロンロケットの抱き枕を抱えて、夢に浸かる毎日です。 そういえば、イプシロンロケット試験機が打ち上がったのは、昨年の9月14日でしたね。度重なる延期こそあれ、打ち上げは無事成功しました。 早いもので、あの勇姿を見てから約1年と1ヶ月が経ちます。 ところでそのイプシロンロケット試験機、何を乗せていたんでしたっけ? そうそう、"SPRINT-A"。 打ち上がってから、"ひさき"という名前になったんでしたね。 ではその"ひさき"、何をするために宇宙へ向かったのでしょうか? 一体いま何をしているんでしょうか……? 記事は少し長くなりますが、ぜひご一緒に、解明していきましょう! ★惑星分光観測衛星、ひさき ひさきの計画名は、"SPRINT-A(Small scientific satellite Platform for Rapid INvestigation and Test - A)"。 世界で初めて、"惑星専用"の観測衛星として開発された宇宙望遠鏡です。 地上から約1,000キロメートルの軌道上を周回しながら、惑星大気と磁気圏の謎に迫る観測を行っています。 衛星自体がコンパクトである上、一貫した標準部に多様な用途に応じたバス部を取り付けるという、「セミオーダーメイド型」を目指す日本の衛星の初号機であることも話題になりましたね。 これによって、より低コストでより短期間、つまりより手軽に衛星を打ち上げられるようになるぞ、というわけです。 "ひさき"という名前の由来ですが、イプシロンロケットが打ち上げられた内之浦の地名である「火崎」と、観測対象が「太陽(ひ)の先」であることがかけられているそうですよ。 ★ひさき、何を調べているのか? ひさきは主に次の二つのテーマを調査しています。 ⑴地球型惑星の大気が宇宙空間に逃げ出すメカニズム (2)固有磁場をもつ惑星の磁気圏が破壊されるメカニズム それぞれ、強い太陽風が惑星の大気や磁気にどのように作用するかを調べることで、初期の太陽系で何が起こっていたか、どうして現在のような状態になっているのかを明らかにすることを目指しています。 ★ひさき、分光観測 とは一体?