spica.jp.net
肝付スペースキャンプ[リレー記事2019-2020 Vol.3] | SPICA
肝付スペースキャンプ あけましておめでとうございます。今年もSPICAをよろしくお願いします。 今回のリレー記事では九州支部の六尾が肝付スペースキャンプ(以下KSCと略す)に関してご紹介します。現在不定期開催となっていますが、次の募集があったときの参考にしてみてください。 KSCとは、鹿児島県にある肝付町と株式会社リバネスが行っている、中高生向けの宇宙イベントで、今日まで計3回実施されています。肝付町は、町内に内之浦宇宙空間観測所があり、種子島宇宙センターのある南種子島町と「宇宙兄弟条約」を結んでいます。宇宙の町としての取組として、本イベントが開催されています。KSCの概要を以下に示します。 (イベント名) KIMOTSUKI SPACE CAMP (対象者) 全国の中・高生 (期間) 2泊3日 (費用) 30,000 円 程度 (参加人数) 20名程度 私が参加したのは、第1回KSCです。第1回は、超小型人工衛星について学び、自分たちで独創的なミッションを考案することを目的に実施されました。私が所属した班は、超小型人工衛星を利用して肝付町を盛り上げることを目標としました。最終的な案は、「超小型人工衛星で肝付町の特産物であるサツマイモを観測し、収穫に役立てる。また、リアルタイム宇宙プラネタリウム映像を撮影する」というものになりました。私はこのイベントを通して、宇宙をどう社会に還元するかという内容について深く考えることができました。以下に参加申し込みHPの方を添付します。 ・第1回KSC参加申し込みHP 第2回KSCは第1回で考案されたミッションを具体的に形にしていくことを目標に行われました。私は、第2回に少ししか参加できなかったため内容を詳しくは述べれませんが、実際に超小型人工衛星を打ち上げた経験のある先生と一緒に、「超小型人工衛星KSC-1」について深く設計していきました。以下URLに第2回KSCの報告書を添付します。 ・第2回KSC報告書