radiotrick.com
僕らの夏2009(その4)
2009/7/23 札幌ドーム 見知った顔を見つけ  ここのところの忙しさにかまけ、中々更新が出来ない昨今。それでも色々と決まってくる1月2月3月の予定を見て、もうすぐ2017シーズンが始まってしまうじゃないという、そんなキモチで一杯な昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。  とりあえず、えどとおわりのきょしょう+マー様ディナーショーはスルーせざるを得ない(チケットとお財布事情)なぁとか、ダンスフェスティバルに向かう行程をどうしようかなぁとか、2月のラストレビューの色々はなんとかなって一安心だとか、そんな塩梅で。  年末年始はある程度ゆっくりと過ごす形になりそうかなぁとか、そんな塩梅でありますが、思いつきでフラッとどっかにってのもやりたいよねぇとか、お財布の中身と色々と相談しながら決めていきたいと思います。      さて、今回は209年7月23日に札幌ドームで行われたフレッシュオールスターゲーム、試合開始前の様子を見ていきましょう。  15時から30分間のウェルカムグリーティング、16時からの濃密で濃厚でカオスなマスコットステージが終わり、いよいよ札幌ドーム内での様子をお届けしていきます。  今回のフレッシュオールスターゲームは観戦できるかどうかってのがギリギリまで読めなかったので、マスコット記念撮影権付き指定席券って確保していなかったんですよ。ただ、ASとともにFASの観戦が決定した後、札幌でご協力頂いたお友だちに諸処を手配していただき、急転直下の記念撮影付きと相成ったわけであります。  3年間の経験を元に、最後はマスコットオンリーの絵ってのがあるはずだと確信していたのに加え、マスコットステージの絡みでサクサク入場したあとに先の受付だったと言う事もあり、撮影列は早めの列。初めての球場をグランドレベルでいきなり体験できたとか、本当に様々な人との「絆」や「向こうからのプレッシャー」を感じてしまう私でした。  と言うわけで……今日も楽しそうに平田選手とドアラさんがなんかやってました。平田選手の笑顔が本当にステキで、フレッシュなお祭りに来てるなぁと言う華やかさを感じたり、相変わらずドアラさんと仲がいいなぁとしみじみ思う私でした。  と言うわけで、試合開始前のフィールドの様子を見ていきましょうか。      ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。  写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。  何を話しているのかはわかりませんが、平田選手がものすっごい笑顔になっています。よくよく見ると、他の選手達もドアラさんと平田選手にやりとりを見てなんか笑っている様子。この笑顔を見てて、こっちがなんか嬉しくなってしまうと言うか……。  軸は鴎にはありますが、色んなチームに色んな好きな選手がいる私なのですが、中日ドラゴンズの好きな選手リストの中に平田選手が入ったのは言うまでもありません。ガンバレ、平田選手!  なんやかんやとやっていたドアラさんと平田選手。見つめる先にはトラッキーさんがいるんですけど、ふたりして見るている姿はなんというか、名コンビというか、物凄くいい感じの空気が漂っていました。選手と球団マスコット、役割は全然違うけれど、同じ釜の飯を食っている仲間なんだよなぁと嬉しくなる一瞬ですね。  みんながみんな集合し始めているようで、徐々にみんなが集合しています。      ドアラさんは平田選手とのふれあいを早々に終わらせて、球団マスコット達の方へ移動していたのですが、トラッキーさんは選手達とじっくり遊んでいたおかげで見事に出足が遅れた様子。帽子を真横に被り、みんながいる場所にダッシュして行ってました。  こうしてみると、ただの野球少年にしか見えないのが不思議です(笑)。    なんとかみんなに合流したドアラさんとトラッキーさん。遅れてきたのをものともせず、ドアラさんは「始まりますよ」と高らかに宣言しているようですし、トラッキーさんは「巻いていう!」と時間を気にする仕草。ふたりがが遅れたんでしょうよと思いつつ、ドアラさんとトラッキーさんの様子を見ている私でした。     さて、記念撮影ですが、幸か不幸か前の方にいたので椅子にするポジショニング。顔馴染みの鴎だとか熊兄弟だとかに「チッ」ってやられたようなのですが、一体全体何をしやがろうとしていたのでしょうか(笑)。まぁ、この辺は巡り合わせですし、何かの糧に出来ればいいかなとか思います。  撮影後にマーくんだとかB様にやいのやいのやられつつ、待避。ちょうど千葉ロッテの名物エンタメ担当、高瀬さん(当時。現在はマリーンズを退団され、千葉県鴨川市で浜茶屋 太海を営まれています)がいたのでちょろちょろ雑談。マスコットステージがあまりの人手で関係者一同、ほぼ写真が撮れなかったとか、いい位置に付けてたのを気づかれていたので写真撮ったの下さいよとかそんな話。後に未選定だったり補正を賭けていなかったりするもの、ASの分も揃えて22G分ドカッと渡しておきました(笑)。      そんなこんなで雑談もしつつ、大急ぎでスタンドへ。スタンドに入ってフィールドを見下ろした時はなんというか、本当にテレビで見ているのと同じだー! とかミーハー魂全開な感想。後は本当にでかいなぁってのと、onちゃんのHTBさんの広告やらJR北海道やらの広告の大きさに驚いていました。    そして私の予想は見事に的中。関係者向けのフォトセッションがしっかりと行われています。全員が全員とは言い切れないと思うのですが、基本的に皆さんスキモノですし、嬉しそうに写真を撮っているようです。  この辺の写真は一瞬、行方不明というか、迷子になりかけていて上の方からぱちりと撮ったモノでして。逆に後ろの方で正解だったのかなぁと思ったり、広角よりのレンズからSIGMAの80-400mmに気合だけで支えていたり、何とかいい絵を押さえるんだと気合いを入れまくっていました。  しかしまぁ、トラッキーさんは相変わらずネソベリアですし、ドアラさんはお化けですし、カビーさんは若干入学式ですし、本当に多士多彩だなぁと思います(笑)。      そんなこんなでフォトセッション終了。三々五々で解散、選手達がフィールドに現れるまで基本自由行動になだれ込んで行くようなのですが、トラッキーさんが早くもダウン。カビーさんやB様、マーくんやクラッチーナさんが心配そうに見守っています。まぁ、単純にうつぶせになってフリーズしているだけだろうなぁと思っていたのですが、一応はみんな心配そうに見ています。  そんなこんなでここまで撮って、チケットに書かれている座席とその時点でいた場所が物凄くかけ離れていた事に気づく私。慌てて座席にたどり着いたら、18-200のレンズをほったらかしてきた事に気づいて階段ダッシュとか……。  試合開始前から非常にいい運動を行っていたようです。      記念撮影後は思い思いにフィールドシート方向でグリーティングしたり、仲間内で遊んでいたりと自由行動だった球団マスコット達。レオさんとB様はフィールドシートのお客さんと色々やっていたようで、時間が来た事に気づくと一緒にダッシュしてホームベース方向にやってきていました。  この辺はカメラの設定をまだ悩み悩みやっていたり。初めてのスタジアムとかドーム球場は色々頭を悩ませてたりする私であります。      一緒に帰ってきたレオさんとB様ですが、途中で別れて別行動を取っていきます。B様はマーくん達の方向へ向かうのですが、レオさんはフレッシュオールスターやオールスターゲームでお馴染みのアオダモ植樹イベントの準備をしていたボールボーイの元に向かっていました。  ボールボーイさんの後ろにスッと立つと肩をもみもみしていたレオさん。裏方さんへのねぎらいは重要だと言う事なんですね(笑)。  フレッシュオールスターゲームは試合開始前のイベント自体はサクサクと行われるようで、アオダモ植樹の後は全イースタンリーグ・全ウェスタンリーグの選手が整列してのセレモニーが行われます。両リーグのマスコット共に選手をお出迎えするべく、ベンチ前に集結しています。  この日はマスコット記念写真付き指定席は結構前の方だったんです。ただ、一瞬だけでも最前で見たい! って方が多く、出る杭が打たれたり打ったり若干殺伐としていました。その辺の空気を読んで、座席で撮れるモノを撮っていこうと思う私。翌日は上の方なので、望遠を効かせてバストアップを狙っていこうと思っていました。  立ち位置とかフェンスの絡みがあり、バストアップを狙えるメンバーには限りがあったのですが、それでもまんべんなく狙っていこうと思うのが心意気。ふと見えたのはジャバさんが楽しそうに拍手をしていた瞬間でした。  ジャバさんも結構ぽよんぽよんなお腹なんですけど、コレで普通にアクロバットをぶちかましていくんですよね。長男のジャビィさんとは見分けが付きにくくはあるのですが、帽子の有無とかで差異を出していこうというそんな動きも見えたり見えなかったりする昨今。小悪魔系のチャピーとか見せパン全開のビッキーとか、実は個性派揃いの兎たちをもっともっと前に出して欲しいなぁと思ったりする私であります。  一塁側の全ウェスタンリーグの面々もフィールドに続々と登場中。イースタンリーグ7チーム、ウェスタンリーグ5チームという形ではあるのですが、ごにんのウェスタンなマスコット達は本当に「濃い」メンツ揃い。そのな「濃い」メンツが選手を迎え入れていたのですが、やっぱりいじられるのはドアラさんのようです。  なんとなく平田選手がウェスタンリーグの各選手に「ドアラさんはいじってもOK」って話を伝えているんじゃないかと思うぐらい、本当にいいいじられっぷりでした(笑)。  立ち位置というか、アングルの塩梅があり全員のバストアップは狙えないと割り切った私。私もそのそろい踏みが好きですし、おそらく格好いいメンズ好きの皆さんの人気も高いであろうレオさんとB様のそろい踏みがあればいいなぁ……とか思っていたところでコレですよ。  B様がレオさんのたてがみにじゃれついているような、その様子をつば九郎さんとカビーさんが見ているようにも見えますが、実際は熊語と獅子語で画像タイトルなんじゃないかなぁとか思う私でありました。      先に選手の出迎えを終えたのは一塁側のウェスタンリーグの面々。改めてこの五人を見ても本当に濃いメンツとしかいいようがありません。  いつも何かを企んでいるようなドアラさんとか自身のネタには絶大な自信を持っていそうなトラッキーさん、アメリカン全開・全裸全開・腰使いテク上等なスラィリーさん、所作のキビキビしたところが格好良い中に見せる超人パワーなハリーホークさん、京セラドームやスカイマークでのふれあいは本当に好感が持てるネッピーさんとか……。  まぁ、イースタンリーグも濃いんですけどね(笑)。  そうそう、このお方のバストアップもキッチリ押さえています。というか、押さえていないと後でブーブーやられるのが目に見えていますw イースタンリーグの選手達もオープニングセレモニーに登場すべく登場してくるのですが、その一瞬、マーくんがピタッと止まっていたのでそれをぱちりと納めた形。後ろの方にいるアッピーが若干怖いんですがw、気にしたらダメです。  ……そんなこんなであまりに見事なカメラ目線をいただき、もしかしてマーくんがこっちに気づいてるんじゃ? なんて思う私でありました。 ...