prototheatre.com
あけましておめでとうございます。
みなさま 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。 2018年も大変お世話になりました。 昨年は、新年一発目の投稿が4月というあれこいつら大丈夫か状態に陥っていたため、反省し、今年はなる早なご挨拶とさせていただきました。 昨年は、劇団員二名の退団もありました。新体制となる4人での活動でしたが、劇団として、第七回本公演「どこよりも遠く、どこでもあった場所。あるいは、どこよりも近く、なにもない。」を行い、また京都のUrBANGUILD「3 CASTS vol,2」にも参加させていただきました。 劇団員もそれぞれ、ありがたいことに様々なところで客演させていただいたり、お手伝いさせていただいたり、劇団としても、個人としてもたくさんの経験をいただいた実りある年でした。 そして、その都度、たくさんの方々のお世話になりました。 改めて、お礼申し上げます。 プロトテアトルとして、今後そのご恩に報いれるよう2019年も、頑張ってまいります。 プロトテアトルとしては、今年の6月末に、新作本公演を予定しております。(それに伴い、ワークショップオーディションも行います。詳細は http://www.prototheatre.com/project/next2019/ ) また、KAVCの新企画「KAVC演劇セレクション2019 関西からはじまる新しい潮流(仮)」にも参加させていただきます。 https://www.kavc.or.jp/information/3838/ また、1月18日~20日は劇団員の小島が、京都の劇団 mazさんに客演いたします。 それらの情報も、また詳しく当ホームページ上にて掲載させていただきます。 ぜひとも、楽しみにお待ちくださいませ。 本年も、よろしくお願い申し上げます。 プロトテアトル一同