mat-plan.jp
託送料金の割引制度 | 電力自由化時代の新規事業研究
新電力を行っていく上でのコストとして ・発電コスト ・託送コスト ・営業コスト というものが大きなコストになってくると考えられます。 この中の託送コスト:託送料金については各社が料金届出を行いました。