koko-j.net
SC相模原vsFC町田ゼルビア:観戦レポート〜日本式ダービーの礎
前半3分、SC相模原は井上平選手のヘディングシュートで先制点を奪う。最初の攻撃から最初のコーナーキックを得て、最初に掴んだビッグチャンスでありながらきちんとゴールマウスへボールを収めてみせた。得点が入ったその瞬間、緊張感に包まれていた観客席は、青色半分を置き去りにして突沸した。メインスタンドを背にして試合を眺めていた私としては、その大きな拍手と歓声はその数分前までは想像できないくらいだった。 相模の国(相模原)と武蔵の国(町田)による「相武決戦」はこの得点を皮切りにしてSC相模原が終始主導権を握る展開となり、常に先手を打ったSC相模原が2-1で勝利した。