kengakusha.com
序論・第二章・第六節 存在論の歴史の破壊という課題
 先週に比べるとかなりすっきりした表題であるが、ことはそう単純ではなさそうだ。何しろ長い。しかもギリシア哲学・…