kengakusha.com
序論・第一章・第二節 存在への問いの形式的構造
そして第二節へ入っていく。で、いきなり余談だが、ここに入るまでに実は4ヶ月以上もの時間を費やしてしまった。なぜ…