keisukeishii.com
新しい相棒のMacBook Airに衣装を買ってあげた | KeisukeIshii.com
知人からMacBook Airを買った。約19年ぶりに買うMacだ。 この間Windows機ばかりだったので本当に浦島太郎なのだが、高速でしかも使いやすく、本当に使い倒せるいいツールに仕上がっています。 会社近くのホテルで何泊も帰宅せずに出張モードだったときも、頑張ってくれたいい奴です。 なので、馬子にも衣装と古くから言われますとおり、まあ衣装でも買ってあげようと思いました。 新宿キャットウォークという革工房にスリーブ型本革カバーを依頼しました。 出来るまで数週間と言われましたが、2週間くらいで来たのかな。 中身をだしてみます。この時点で植物なめしの革ならではの、草木による花のような甘い芳香がします。 ブランドはこれだ~、新宿猫歩。ここのSHOTNOTEケースを2年ちょっと前に購入しましたが、とにかく素晴らしいですよ。 Dream can do, Reality can do 「思い描くことができれば、それは現実にできる」NASAのラングレー研究所の正門に彫られた名言を、このカバーに刻印してもらいました。敬愛する植松電機の植松社長(小型ハイブリッドロケットの開発で有名)が日本でこの言葉を広めて下さっています。 素晴らしい風景です。これだけ大きい一枚革だと血筋や多少の傷くらいついててあたりまえです。革マニアだと萌えの対象です。 1万円弱したけど、大満足。