keisukeishii.com
楽天kobo の端末 kobo Touchがやってきたので開封の儀を執り行いました。 | KeisukeIshii.com
まさに表題通り。先日の月曜日に申し込んで火曜日に自宅に届きました。OBだからか?速い配達です。スペックをみてとても軽量なので、結局iPadは電子書籍端末になってしまっている現状、iPhoneとkoboの2つだけでも通勤のお荷物完結するのではないか?と考えたら思わず購入。 電子ブック楽天<kobo>【7月19日頃発送予定】 kobo Touch 【販売:楽天kobo】【今なら送料無料】 価格:7,980円(税込、送料別) 楽天Koboのkobo Touchが自宅に届きました。 開封!中の梱包はまるでAmazonでした。 左からiPhone4、kobo Touch、kobo Touchの純正カバーです。 帯を取り去って、これから箱を開けるんだが、これが恐ろしく精度が良く、全然開かない・・・。三木谷さんは「中高齢の方々に意外に売れている」と言ってるらしいが、なおのこと、この箱は改良の余地ありますよ。マジで開かない。 箱を開けるとこんな感じ。本体はとってもコンパクトでした。EINKのディスプレイがずっと表示されているのに最初驚きますが、これは正常動作で、表示されているだけなら電気を食わない優れモノなんですよね。 まず手に取ると、kobo Touchの軽さに驚きます。初代ipad持ちの私にとって最高にいい印象でした。ここまでは・・・。 ほら薄いでしょ~! iPhoneとケースを並べてみる。ケースもとても軽いものの、縦横とも余裕のある作りでちょっと大きくなります。 ケースに装着します。パチッとはめるだけ。 これでケースにはまりました。ちょっと大きくなってしまうのが残念。 セットアップはインターネットに接続したPCにkobo Desktopをインストールしてから付属のUSBケーブルで接続して行います。最初期にはサーバー側のアクセスが酷くてセットアップ出来ない事例が多発したけど今は大丈夫。なぜなら大炎上し・・・(略) あと、速いMicro SDカードを事前に用意しておくと何かといいです。何故かは後日また・・・。ちなみにこれは台湾Silicon PowerのClass 10のMicro SD。もちろんKoboで使えました。秋葉原のZOAでたったの税込2250円でした。ズダ安です。