katsukinoboru.jp
大いなる旅路 | katsukinoboru.jp
出張で京都に泊まったときは、翌日の新幹線を午後にして、寺社仏閣に立ち寄って帰るようにしてました。 ただ何度かやっているうち、あまりに貧しいなと思えてきて、もう仕事のついでで寺社仏閣へ行くのは止め、代わりにわざわざ京都に行ってまで行かないようなところにしようと、今回は京都駅前のPHP社にある松下幸之助記念館と、新しくできた、やはり駅近くにある京都鉄道博物館に行くことにしました。 もともと記念館の方で資料を漁ろうと思って、博物館の方はネットニュースでちらっと見ただけで詳細を調べてなかったのですが、現地についてここがあの梅小路蒸気機関車庫であることに気づきました。 小学生のときに図鑑で見て以来、いつかは行ってみたいリストに載せたまま自分でもすっかりその存在を忘れていたので、感激のあまりすっかりはまって幸之助記念館はほんの少ししか立ち寄れず、危うく新幹線にも乗りそこねるところでした。 小学生のときに写真でみたときには大迫力だったけど。いまはそれほどでも。 いまや機関車より建物の方に興味があって、これとても100年前のものとは思えない。鉄道コンクリート建築物で最古のものだそうです。 排煙装置がついてます。これを真下から覗いてみたかった。穴が空いているだけですが。 結局、今に至るまで走っている蒸気機関車に乗ったことはありませんが、博物館で見慣れているのでこちらはもう感動が薄い。 大正昭和初期の建物が好きで巡っていますが、保存されていたり再建されていたりとそのままのものが少ないので、ここはある意味現役で別格ですね。 実はこれほどまでにここで感慨にふけっていたのは、つい最近AmazonPrimeで「大いなる旅路」という映画を見たためでした。 映画の解説は上手くできないので、詳細はAmazonのページを参照して欲しいですがレビューも絶賛の嵐ですね。戦前、戦中、戦後を通じて変わらぬ男の仕事と、時代に翻弄され大きく変わる家族とその幸せといったストーリーで、本物の機関車を転覆させていたり、結構古い邦画を見ていたつもりですが、まだこういう名作があったのかと、まさにこの機関車庫はその映画の舞台のようでした。