jcp-tokyo.net
住民の願い掲げ各地で奮闘 東村山 住民運動とともに前進
2新人含み2議席増 東村山市長選と同市議会議員選が21日投開票されました。日本共産党は25人の定数に31人が立候補する大激戦の市議議選で、5人全員当選しました。共産党は現有3議席から2議席増の躍進に向け、新人2人を含む5人の候補者をたてて奮闘しました。 現職の渡辺尚市長が「私と志を同じにする自民・公明の候補者の全員当選を」と訴えるなど、激しい党派間選挙になりました。 小松恭子元都議が共産党推薦で市長選に挑み、「市民の願いが届く市政」を訴えました。告示3日前の出馬表明にもかかわらず、現職候補との得票差を1万3000票余りにまで猛追。渡辺市政に対する不満が市民の中にまん延していることが浮き彫りになりました。 小松候補は市長選の結果を受け「私への票は市長への批判票と受け止めている。市民の要求実現のために、これからもやることはたくさんある」と切り出し「自民党も全員当選したため、共産党は頑張らなくてはいけない。いよいよ市議団は5人だ。議会でガンガン論戦を張って欲しい」と述べました。 4期目を迎える山口みよ氏(72)は「対話がどんどん進んだ選挙戦だった。『就学前までの認可保育園を5年もつくっていないの』とか、『98憶円も基金をため込んでいるのか』と話題になった」と振り返り「自民党も増えたけれど、共産党の5人の力はすごい。追及の手を緩めず、公約実現に向けて草の根の運動をさらに広げたい」と決意を語りました。 さとう直子(61)、渡辺みのる(33)、浅見みどり(45)、山田たか子(42)の各氏らも決意を語り、喜びを分かち合いました。 御蔵島村:共産党への期待強く初の2議席、占有率33% 東京から南へ200キロ、伊豆諸島に属する御蔵島村議選(定数6)で、共産党は初めて2議席に挑戦。6期務めた黒田正道さん(63)と初挑戦の新人、砂原奈美子さん(47)が当選を果たし、共産党の占有率は33.3%へと躍進しました。 御蔵島村は人口が320人ほどのちいさな村です。共産党の2人擁立で、前回に続く無投票選挙を回避。ポスターを張り出す候補者がいない島の選挙戦も、共産党の2人が積極的に掲示しました。 1人800枚使用できる選挙ハガキも有効的に活用。黒田さんは、経歴や実績、公約などを示した6種類の選挙ハガキをつくって連日送り、全有権者を視野に精力的な宣伝活動を展開しました。