jcp-tokyo.net
【文京区区議選】"暮らし応援の区政に" 田村副委員長が訴え
日本共産党の田村智子副委員長は12日、東京都文京区内2カ所で街頭演説し、21日投票の同区議選(定数34)に立候補する、まんだち幹夫、いたくら美千代、こうだ久美子、関川けさ子、金子てるよし=以上現=、石沢のりゆき、小林れい子=以上新=の7候補、小竹ひろ子同区長予定候補と共に選挙勝利を訴えました。 まんだち区議は、4年前、党区議団が7人に躍進し区民からの請願が議会で通るようになったと紹介し、「共産党を伸ばして、区民の皆さんと力を合わせて国の悪政をはね返す区議会をつくっていこう」と訴えました。 小竹氏は、「区政というのは、区民の暮らしや命、商売の営業を支えなければならない。ぜひ、ご一緒にやろうではありませんか」と述べるとともに、悪政を進める安倍政権に「きっぱりノーを下していただきたい」と訴えました。 田村副委員長は、現区長のもと、679億円もため込みながら、公共料金や学童保育料が値上げされていると批判しました。 その上で、ため込み金を高すぎる国民健康保険料の値下げや、保育所増設などに使うのは当たり前だと指摘。区議候補7人全員の当選と、小竹区長候補の勝利で、暮らし応援の区政にしようと訴えました。 (2019年4月14日付「しんぶん赤旗」より)