jcp-tokyo.net
政治変える一票、共産党に
 統一地方選は7日、前半戦(道府県知事、道府県議、政令市長、政令市議選)が投票日を迎えます。統一地方選と夏の参院選は、消費増税などの負担増、憲法改悪を進める安倍政権の暴走をストップし、政治を変える審判の場です。日本共産党の躍進に期待する声を紹介します。 地方選・参院選 応援します 世界に誇れる選択を 作家 小中陽太郎さん 統一地方選挙に当たり、目の前の地方選挙の争点になっている暮らしの問題を大きな視野で、世界の平和と民主主義の問題と結びつけて考えることを提案します。 アメリカでトランプ政権が生まれたことを、私たちは地方選挙であっても、関連させて考えなければなりません。今大きな問題になっている沖縄県の多大な基地負担、新基地建設の問題は、同盟国アメリカを通してイスラエルとつながり、沖縄から飛び立った爆撃機がベトナムやイラクの人々を攻撃した歴史と結びついています。 また、沖縄の問題は東京の問題であり、原発事故のあった福島の問題も、東京と結びついているのではないでしょうか。 統一地方選挙は身近で切実な暮らしの問題から、投票する政党、候補者を選ぶ選挙と思われやすいけれども、平和と民主主義を求めながらまだ苦悶している世界に、誇れる選択をしようではないですか。 平和と民主主義のために奮闘してきた共産党の健闘に期待します。 国民の声を聞いて 上智大学神学部教授 光延一郎さん 国民の声を聞いて立場の弱い人たちのために働いてくれる政党だと高く評価しています。 幼児の頃に育った共同保育所では共産党の人たちが中心になって、地域に根差して人々の生活に直結したケアをしてくれたことを身にしみて感じています。 あるお年寄りの家が火事になった時、共産党の区議さんが駆け付けて「困ったことはないか」と寄り添っていた姿に信頼を持ちました。 戦争中も筋を曲げず正義と平和の意志を貫いた人も多く、キリスト者も社会を一緒に生きる上での倫理観で深いつながりがあるように思います。 原発問題、天皇制、反戦・平和や歴史修正主義の問題での対応は信頼を置けるものです。共産党の議員が増えないと、今のひどい日本の状況に歯止めがかからず、〝マヒ〟が進むでしょう。腐ってグズグズになる前に選挙で意志を示さないといけません。 (カトリック司祭) 環境分野で活躍期待 東京あおぞら連絡会前理事長 吉川方章さん