jcp-tokyo.net
「築地は守る」どこへ 尾崎、あぜ上都議 公約違反を追及
築地市場跡地(中央区)の再開発をめぐる小池百合子知事の公約違反が大きな問題になっています。都議会経済・港湾委員会は3日、小池知事が出席して一問一答の質疑が行われました。常任委員会への知事の出席は異例です。 経済・港湾委 知事と一問一答 この問題は今年1月公表した「築地まちづくり方針素案」(以後、素案)に、小池知事が基本方針(17年6月20日)で示した公約とも言える「築地は守る」「市場としての機能を確保」が盛り込まれず、国際会議場などを軸とした計画になっていたことが発端です。 共産党や自民党など6会派は、「重大な方針転換なのに、知事の説明は不十分」などとして、予算特別委員会や常任委員会への小池知事の出席と一問一答の質疑を求めました。 都民ファーストの会や公明党が小池知事の出席を拒み、本会議の開会が大幅に遅れるなど混乱した末、小池知事の出席が決まりました。 基本方針は都議選公約 共産党のあぜ上三和子都議は、「基本方針」が都として検討して作られたものでなく、小池知事のブレーンが作ったのではないかと指摘。小池知事も事実上、認めました。 あぜ上都議は、基本政策を前回の都議選告示日の3日前に発表したことについて、都民ファーストの会の公約、基本政策として間に合わせるためだったと主張。「基本方針は都の行政方針として決定されたものではなく、ひとえに知事一人の責任において発表したもの。知事と都民ファーストの会の都議選公約に他ならない」と断じました。 その上で、基本方針で「仲卸の目利きを活かしたセリ、市場内取引を確保、発展」と明言したこをあげ、同記述が「(素案の)どこに書かれているのか」とただしました。小池知事は基本方針について「大きな方向性を示した」「一つの考え方を示した」などとごまかし、「その思いは変わっていない」と繰り返すだけで、質問に答えることはできませんでした。 あぜ上都議は「いくら後付けの言い訳をしても、方針転換という事実は変わらない。公約違反は明白だ」と批判。「都民や市場関係者に謝罪し、『築地は守る』という約束を守るべきだ」と迫りました。 素案策定はブラックボックス