jcp-tokyo.net
国民の声、本気で受け止める共産党に、心を熱く 最年少候補、八王子市 望月翔平さん(25)
 今春の八王子市議選に挑む望月翔平さんは、立候補ができる25歳になったばかりで、共産党の予定候補の中で最年少です。なぜ共産党から出馬するに至ったのでしょうか─。 (長沢宏幸) 安心し学べる街に 「共産党の人の言葉を聞くと、心が熱くなりました。本気で私たち国民の声を受け止めて、言葉で返してくれる。共産党のファンになりました」 大学時代に参加していた学生団体「静岡『わかもの党』」の企画で、自民党から共産党まで議員の話を聞いた感想です。 実は望月さん、幼い頃からかわいがってくれた祖父の影響で、自民党を支持していたのです。 その祖父からは戦争の悲惨さ、平和の大切さを繰り返し聞かされていました。中学では、社会の先生が憲法の話をよくしてくれました。 「憲法9条を守り抜くのは日本人として当然なことと思うようになっていました。9条を否定する人がいる、と気付いた時は本当に驚きました」 安倍・自公政権は集団的自衛権を認める閣議決定を2017年7月に、安保法制を翌年15年9月に強行します。 「国民の多くが反対しているのに強行してしまう政治に、恐ろしさを感じました。黙っていたら賛成したことになる」 望月さんは一人、国会前のデモに参加するようになります。デモにはあまりいいイメージはなく、最初は勇気が必要でした。でも、行ってみるとラップ調のリズムに声を合わせる楽しげなノリに、イメージは変わったといいます。自分と同じような考えの若者とも出会い、仲良くなりました。 後で分かったことですが、その中に共産党員の若者が2人いて、共産党がずっと戦争に反対していた政党だということを教えてくれたのです。 「共産党に強い共感を覚えました」。初めて参加したデモで偶然、しんぶん赤旗記者からインタビューを受け、実名入りで記事に。それを目にした共産党八王子地区委員会の人がSNSでメッセージが送られ繋がりました。その後、共産党への入党を勧められます。 「その時、自分の中では、共産党に入ることを決めていたので、二つ返事で入りますと言いました。平和を守る、ブラック企業をなくすという自分の思いをくみ取ってくれる政党は、共産党しかないと思っていました」 ブラック企業体験したから