howls.jp
“TKブーム”再来はあるか、小室哲哉サウンドが当時ヒットした要因と今後の可能性
 先月、鈴木亜美(32)のデビュー15周年記念シングル『graduation』で、初期からプロデュースを手掛け…