harmonista.org
人は探しているものしか見えない | Harmonista
私たち注意を払っていないものに関しては、たとえそれがすぐ近くにあったとしても驚くほど気づきません。 注意を払っていないものにはどれくらい気づかないものでしょうか。 【目次】 1. 見ているのに気づかない 2. 近くにいても気づかない 3. なぜ気づけないのかー何に注意を向けるかで脳の働きが違ってくるー 1. 見ているのに気づかない ダニエル・シモンズとクリストファー・チャプリスの2人が行った面白い実験があります。 被験者は、黒いユニフォームを着たチームと白いユニフォームを着たチームがバスケットボールするビデオを見せられます。 そして、白いシャツを着たチームのパスを数えるように指示されます。 ビデオを見終った後に「何か変わったことが起きませんでしたか?」と聞かれます。 実は、このビデオには途中でゴリラの着ぐるみを着た人が登場します。 しかもビデオの真ん中で胸をドンドンと叩いて、自分の存在をアピールまでしています。 しかし、そのゴリラのアピールもむなしく、半数の人はその存在にすら全く気づかないのです。 ちなみにゴリラに気づいた人は、たいていパスの回数を間違って答えたそうです。 つまり、気の毒なことにまじめな人ほどパスを数えることに集中するあまり、ゴリラを見落とす確率が高くなってしまうのです。 私も何人かにこの実験を試してみたのですが、皆おもしろいくらいに気づきません。 そして、気づかなかった人たちは後でゴリラの存在を指摘されたとき、皆一様に「なぜあれに気dかなかったんだろう」と衝撃を受けていました。 これは、難しいタスクに集中しているとき、つまり集中を必要と知るような大切な仕事をしているときほど、脳はその仕事に集中して、それ以外の情報を締め出そうとしているせいではないかとされています。 おもしろいことに、ゴリラに気づかなかった人も視線を分析すると、気づいた人と同じくらいゴリラを見ていたそうです。ゴリラを見ていたのにもかかわらず、つまりゴリラのことは情報として脳に入っていたはずなのに、ゴリラに注意を向けていなかったから気づかなかったのです。 2. 近くにいても気づかない 2009年にウェスタン・ワシントン大学の心理学者たちも似たようなおもしろい実験をしています。 キャンパスを歩く学生を以下の4種類に分けて調べたものです。 第一グループ:周りを気にせず歩いていた