fujimashion.com
【百合小説】新宿少女観察日記52 「かんじ! がっこうへいくの?」 少女は黒い瞳を輝かせながら私を見た。
車に乗り込むと、いつも無口な少女が私に話しかけてきた。 「まつり、がっこう、いける?」 「行けるように私は手続…