c-o-all.co.jp
映画『悪徳の栄え』観た。
原作がマルキ・ド・サドの作品ということで、 やや身構えて挑んだが、そこにあるのは狂気を孕んだ戦争という現実だった。