boid-s.com
5月「爆音映画祭 in 京都2019」
は新旧サスペリアとヘアスタライヴ! | boid.net
5/30(木)・5/31(金) に今年も日・EUフレンドシップウィークの一環として同志社大学寒梅館ハーディホールにて「爆音映画祭 in 京都2019」開催!今回は『サスペリア』2作品とヘア・スタイリスティックスによる無声映画ライブをお楽しみください! オリジナル『サスペリア』から約40年、
正解のない道筋に迷う ダリオ・アルジェント版『サスペリア』公開の年1977年を舞台にしたルカ・グァダニーノ版『サスペリア』はなぜその年を時代設定に選んだのか、もちろん劇中にも登場する「ドイツの秋」の事件報道を見ればその意図は誰にも想像はつくはずなのだが、しかしこちらの想像が正しいのかどうかは誰にもわからない。その正解のない道筋こそアルジェント版からの約40年が示すことではなかったかとさえ思えもする。一体その間に何が起こり何が変わり何が変わらなかったのか? いくつもの道筋が示されると同時に切断されその断片がつなぎ合わされる。可能性は不可能性へと反転し、しかしその不可能性こそがいくつもの可能性を指し示すことになる。 アルジェント版の『サスペリア』がひとつの道筋として見せた物語は約40年後にさまざまな形で変奏されると言えばあまりに収まりが良すぎるのは、おそらくピナ・バウシュのブッパタール舞踏団を思わせるダンサーたちの身体の切れ味が良すぎるからだろう。まるで彼女たちの身体そのものが凶器であるかのように見せられるグァダニーノ版では、トム・ヨークの音楽さえもその切れ味についていけないかのような印象を受ける。それならば同じレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが作り上げたリン・ラムジー『ビューティフル・デイ』の細切れにされた音の断片がこの映画には似合っているようにも思えるのだが、しかしどこかぼんやりとした甘さを持つトム・ヨークの音楽はアルジェント版のダンサーたちの柔らかな身体に通じてもいて、そこから、ふたりの監督の視線の違いや40年の年月がゆっくりと浮かび上がってくるように思う。 ゴブリンの鼓膜と脳髄を切り刻むかのような鋭利な音からダンサーたちが削ぎ落として来たものへの確信犯的な眼差しとも言えるトム・ヨークの音が示す40年の正解のない道筋。その中でひたすら道に迷ってみたい。わたしたちにはまだ時間はある。いや、永遠の時をわたしたちは手にしているはずなのだ。